境界線を引くことで恐怖がなくなった。

私は
境界線(バウンダリー)の再構築
をセッションでご提供しています。

境界線とは
自分と相手を分ける
見えない心のラインのこと。

これが
適切に引かれていないと

・必要以上に入り込まれてしまう
・知らないうちに敬遠されてしまう
・親しい関係を築きづらくなってしまう

ということが
起きてしまいます。

先日
クライアントのMさんが

境界線を主に扱った
継続セッションを
終了されたのですが

その感覚を車に
例えてくださいました。

了解を得たので
ご感想を紹介しますね。

(M・Mさま 50代女性 神奈川県在住)

なぜ、コーチングを受けようと思われましたか?

人の表情や態度で自分の言動の
正解不正解を決めたり反省したりで
疲れていました。

己育て塾のレビューを読んで
インナーチャイルドや
子ども時代の傷を
癒していたお話に惹かれました。

ネガティブな事に
気持ちを囚われるのを止めて、

エネルギッシュに
生きるために受けました。

これまでどのような相談、サービスを受けたましたか?

心理学を勉強して
客観的にものごとを
見れるようになりました。

カウンセラーには
今まで当たり前のように
思っていた自分の中で
正解不正解を決めていることや

母親への怒りが強いことも
指摘してもらい、

くすぶっていたところが
少しづつよくなりました。

しかし、元々の状態がひどく
課題が多くて
解決しきれない状態でした。

カウンセリングとライフコーチングの違いはなんでしたか?

焦点の明確化
です。

カウンセラーは
大変だったねと言ってくれる

「母親」
のようでしたが

学んだものを
実際にやっていったり

自分で選択をする力を
持てたのはコーチングで

言葉にするなら、
「自立」でした。

セッションに関して特に印象的だった内容はなんですか?

インナーベイビー、

そして
小さな自分に会いにいったこと。

※インナーベイビーとは
 無意識に相手を親に
 見立ててしまう未消化の
 愛着の課題のことです。

具体的にどのような効果がありましたか?

自分を責める事がなくなり、あってもすぐに
軌道修正が出来るようになりました。

以前は少しでも間違うと

「変に思われたかな、あとで悪口言われるんじゃないかな・・」

と気になって落ちこんで
疲れていたのですが

今は、

「そんなに思わないよね。相手がどう思うかは相手次第よね」

と気にならなくなり

たとえ、
相手が言っていることを
聞き間違えても

「聞き間違えちゃったんだもの、仕方ないよな」

と反省する時間が数秒に減り、
前向きになりました。

仕事でも、社交的に
しなくてはいけない

誰とでも
仲良くしないといけないと
思い込んでいたけれど、

相手によって区別していいと
思えるようになりました。

なので、
無理する事がなくなって

此処までなら付き合えると
いった感覚が分かる様になりました。

ずっと恐怖でいっぱいでしたが

境界線を引くことで
恐怖がなくなりました。

以前は
10tダンプカー3台分の心の重さが

今はビッツかアルトくらいです。

ご自身の心の状態を
車に例えられたMさん。

身軽で小回りが効く
ご自分に変化されて

スイスイと行きたいところへ
向かっていってくださいね ドキドキ

応援していますキラキラ爆  笑キラキラ

#お客様の声

>子育て、人間関係、親とのこと。あれもこれも試したり学んだけれど、やっぱりスッキリしない。

子育て、人間関係、親とのこと。あれもこれも試したり学んだけれど、やっぱりスッキリしない。

そんなあなたに今なら「家族連鎖」タイプ別診断を受けて頂くことで、あなたの生きづらさの本当の理由がわかります。
「家族連鎖」とは、親から子どもへ、孫の代へと、複数の世代に渡って受け継がれる幸せになれない考え方、思い込み、関係の作り方です。

CTR IMG